top of page

ご活用事例

USE CASE

Case1 Googleマップ、トリップアドバイザーなどへのアップロード

外国人観光客の多くがGoogleマップやトリップアドバイザーなどの

メディアの情報を参考にしています。

特に旅マエの情報をトリップアドバイザーで集め、

旅ナカでの情報をGoogleマップで追加するような方が多いようです。

他言語対応していることが一目で分かるように動画のサムネイルは

簡単な他言語字幕を入れておくのがオススメです。

  • TripAdvisor

弊社で作成した動画は、納品以後どのようにお使いいただいても構いません。

​参考までにどのように使われているのか、どのような使い方があるのかをご説明いたします。

Case2 各種SNSでの多言語PR

近年は若年層を中心に外国人観光客の多くがTikTokやInstagramなどの

SNSの動画を見て行きたい場所をチェックしています。

見た目が「映える」商品や施設の場合は特にオススメです。

定期的に投稿する場合は、言語圏ごとにアカウントを分けたり、外国特有のSNS(中国のREDなど)に投稿したりするのも効果的です。

  • Instagram
  • TikTok
  • X
  • Youtube
  • Facebook

Case3 タブレットでの多言語動画再生

店頭や店内にタブレット端末を用意しておくことで、

簡単に多言語動画を外国人観光客に見せることができます。

Case1・Case2のようなPR動画をそのまま流す他に、施設の案内動画や

注意事項をまとめた動画を用意しておくと分かりやすいです。

動画を切り替えるだけで多言語化できるので、英語が話せないスタッフでも

​外国人の接客が可能です。

Case4 QRコードでの多言語動画再生

​店内のオススメ商品近くにQRコードを設置したり、説明用のQRコードを

配布したりすることで、お店としてタブレット端末などを用意することなく

お客様に動画を見せることができます。

PRよりも、細かなオススメ商品説明やガイド説明がオススメです。

いずれもわざわざスタッフが説明する必要がなくなるので、

人手不足の解消にもつながる方法となっております。

bottom of page